お問い合わせはこちら
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
心理カウンセラー大山佳世のブログです。
ワークショップ、講座情報をはじめ、参加者の声、
メルマガ「7日間楽しく働くための心のサプリ」
バックナンバーなどを公開しています。

楽しく働く心理学 カウンセラー大山佳世のSalon kayo ブログ

[7日間楽しく働くための心のサプリ]2013/03/19 これがあるならば
0
     

    「7日間楽しく働くための心のサプリ」
    (毎週火曜無料定期発行:大山佳世)のバックナンバーです。

    このメールマガジンの登録は

    こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html

    ☆∴..............................∴☆

                                    

             7日間☆楽しく働くための心のサプリ       

                                    

    ☆∴..............................∴☆

                              2013319日発行号

                             

        * このメルマガは、心理カウンセラーの大山佳世が *

        * 楽しく働くためのヒントをお届けしています。  *

     

    ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

    【メルマガのコンセプト】                   

    「もっと楽しく働きたい」読者のために心理学やカウンセリング

    の考えを日常に活かすコツを分かりやすくご紹介します。    

                                   

    2011311日「東日本大震災」が発生しました。当メルマガは、

    未曾有の状況の中でストレス社会を生きる読者をサポートします。

    新しい視点の転換法やリラックス法が分かり、少しでもほっとして、

    明日に向かえるメルマガです。                     

    ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

     

    好きな場所、本、写真、

    お気に入りのタオル…。

     

    それを持っている、見ている、触れていると

    安心できるようなものの存在について

    取り上げてみましょう。

     

    心理的に安心できるものを持っていると、

    ストレスの全体を小さくできます。

     

    今回は、心を安定させるために、

    ご自分なりの「お守り」を

    持つことについて書いています。

     

    では、ここからが本文です。

     

    ☆・‥…━━━━━━━━━━━━━…‥・☆彡

    ┃ 今週のテーマ          

    ┃ これがあるならば

    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     

    (毎日慌ただしい)

    (達成感がない)

    (先が見えない)

     

    理想と現実の間で揺れ動くとき、

    私たちは思い悩み、ストレスを抱えて、それが

    いっぱいになってしまうことがあります。

     

    ストレス全体を小さくするために、

    ちょっとした工夫として、

    ご自身にとってのお守りのような存在を

    大切にしてみることが役に立ちます。

     

     

    つらいときでも、

     

    (ああ、これがあるならば、なんとかなるかなあ)

     

    というものです。

     

    それは、かつての思い出かもしれません。

     

    子どもの頃の思い出、懐かしい情景など

    ご自身にとって思い出のある

    景色を心の中で思い浮かべてみるのです。

     

    (ああ、あの頃、公園に行ったなあ)

     

    夕景がきれいだったなあ…

     

    なんて振り返りながら、ゆっくりと深呼吸。

     

    その気持ちに、なすがままに

    委ねてみましょう。

     

    当時を思い出して、その感覚の中から

    少しずつ、開放感が生まれてくると思います。

     

     

    (いつか、あそこに行ってみたい)

     

    というような場所もいいでしょう。

     

    その場所をイメージして、行ったときの自分に

    浸りきってみるのです。

     

     

    (あの絵本、なつかしいなあ)

     

    ファンタジーの世界を思い描いて、

    ご自身が、安心できるような場所を

    想像してみるのも、心のお守りになります。

     

     

    さて、具体的なモノも取り上げます。

     

    お気に入りの、タオルやハンカチなどに

    触れて、安心した記憶はありませんか?

     

    肌に触れると、落ち着くようなモノを

    側に置いておくのは、

    環境から、変えてみる工夫の一つ。

     

    身体感覚で、体を通して、感じてみるのです。

     

    (こらがあるなばら、大丈夫)

     

    という安心感は、今感じているストレスを

    和らげてくれるでしょう。

     

     

    こうしたことは、特に考えなくても、

    無意識に取り組んでいたかもしれません。

     

    それは、ご自身を守るための

    ひとつの工夫をしてきたといえるでしょう。

     

    心の中に、ご自分なりのお守りを持つ。

     

    それは、思い出だったり、空想の景色、

    イメージ、モノなどがあります。

     

     

    (今の、そのままの自分でいいよ…)

     

    と優しく包んでくれるような、

    心のお守りを持っていると、

    そっとご自分をいたわり見守りながら

    過ごすのに役立ちます。

     

     //       /

    ☆今週のおすすめ☆

     

    ・これがあるならば

     ⇒思い出、景色、イメージ、モノ

      心にお守りを持ってみる。

     

      

    /  編集後記                   

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     

    日差しに春の気配を感じて、

    そのやわらかさにはっとする。

    そんな季節です。

     

    これをお読みの皆様は、どのように

    春の気配を感じていらっしゃるでしょう。

     

     

    異動や退職、引越し。

    いろいろな出会いや別れがあり、

    それぞれのスタートの季節。

     

    身近な方の変化を知り、驚いたり

    ためらわれるかもしれません。

     

    私もそんな一人です。

     

    ある日の午後、お世話になった方への

    お礼と、新しい旅立ちにご挨拶の言葉を交わし、電話を置いた後で、

    カラフルな色合いのマカロンを頬ばりました。

     

    私のサロンに届いた、ある日のプレゼント。

    お菓子入れに大事にとっておいたのです。

     

    甘く優しい味が、やんわりと

    紅茶に溶けていきます。

     

    新しい日常をつくりあげていく。

    その難しさも感じつつ、楽しいことにも目を向けたくなるー

    そんなこの頃です。

     

    PR  *   *   *   *   *   *   *

     

    私のHPをご紹介します。

     「心理カウンセラー大山佳世のSalon Kayo」です。

    http://kayo-salon.com

     

    携帯版HPです。

    http://kayo-salon.com/mobile/

     

    リラックスして、素のままの自分でいられる、

    心地よいサロンのような場所という意味を込めています。

     

    *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

     

    ■よかったらぜひメルマガの感想をお寄せください。

     

     ご感想はこちらへ ⇒mailmag@kayo-salon.com

     

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    発行人▼ 大山佳世

    ご感想・お問い合わせ▼mailmag@kayo-salon.com

     

    ホームページ▼http://kayo-salon.com

     

     Copyright (C) 2011 Kayo Ohyama All rights reserved.

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    このメールマガジンの登録は

    こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html

     

    | メルマガバックナンバー「7日間☆楽しく働くための心のサプリ」 | 12:10 | - | - |
    [7日間楽しく働くための心のサプリ]2013/03/12 今の自分を観察する
    0
       

       

       

      「7日間楽しく働くための心のサプリ」
      (毎週火曜無料定期発行:大山佳世)のバックナンバーです。

      このメールマガジンの登録は

      こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html


      ☆∴..............................∴☆

                                      

               7日間☆楽しく働くための心のサプリ       

                                      

      ☆∴..............................∴☆

                                2013312日発行号

                               

          
              * このメルマガは、心理カウンセラーの大山佳世が *

          * 楽しく働くためのヒントをお届けしています。  *

       

      こんにちは。大山佳世です。

       

      東日本大震災が発生してから、2年が経ちました。

       

      震災関連死を含めて、2万人以上の方々が犠牲になりました。

       

      犠牲になられた方々に、改めて哀悼の意を捧げます。

       

      残されたご遺族、まだ行方の分からない方々のご家族、

      不自由な生活を強いられている方々、

      被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

       

      あまりにも大きな災害の事態に、

      大切な人の心の平安を思うとき、遠くにいる誰かを思うとき、

      (今、何ができるのか)と、自問自答するかもしれません。

       

      ご自分自身の心を安定させ、楽にしていただくためにも、

      「7日間楽しく働くための心のサプリ」が

      被災地はもちろん、広い地域でお読みいただき、

      読者の皆様の日常に、お役に立てましたら幸いです。

       

      ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

      【メルマガのコンセプト】                   

      「もっと楽しく働きたい」読者のために心理学やカウンセリング

      の考えを日常に活かすコツを分かりやすくご紹介します。    

                                     

      2011311日「東日本大震災」が発生しました。当メルマガは、

      未曾有の状況の中でストレス社会を生きる読者をサポートします。

      新しい視点の転換法やリラックス法が分かり、少しでもほっとして、

      明日に向かえるメルマガです。                     

      ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

       

      心身の疲れがたまって、

       

      (何かいつもと違うなあ)

       

      なんて感じることはないでしょうか。

       

      そんなとき、自分自身をじっくりと観察、

      心身の状態を丁寧に自己チェックしてみましょう。

       

      (アレ。何か…)

       

      何か…という自分自身の感覚を

      大事にしてください。

       

      忙しかったり、慌ただしく、人のために頑張ろうとして、

      自分への関心が薄くなっていることがあります。

       

      だからこそ、そのままスルーせずに、

      立ち止まって今の自分を観察して、

      その状況に合わせて対処していくのです。

       

      では、ここからが本文です。

       

      ☆・‥…━━━━━━━━━━━━━…‥・☆彡

      ┃ 今週のテーマ          

      ┃ 今の自分を観察する

      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       

       

      (何か、違う…)

       

      (いつものペースと変わった)

       

      新しい環境になって、周りに合わせようと頑張って

      それが行き過ぎてしまうことがあります。

       

      周囲や相手に合わせるのも大事なのですが、

      そればかりですと、心身が疲れてしまいます。

       

      そんなとき、自分の状態をうっかり置き去りにして、

      丁寧に観察していないかもしれません。

       

      例えば

       

      (皆にちゃんと合わせないと)

       

      (私がやらないと。もっと大変な人がいる)

       

      (みんなが頑張っている)

       

      (私がちゃんとしないと、他の人に迷惑がかかる)…

       

      などと、考え過ぎてはいないでしょうか?

       

       

      まずは、今の自分の心身の状態を

      自己チェックしてみてください。

       

      そこで、何か変調をきたしていると感じたら、

      信頼できる誰かに、そっと打ち明けてみましょう。

       

      もし心の中にモヤモヤしたもの、

      吐き出したいものがあったら、それを話して、

      聴いてもらいましょう。

       

       

      (今、私はちょっと疲れている)

       

      (落ち込んでしている。だって、あんなことが

       あったから…)

       

      (いろいろなことが起きて、複雑な気持ち)

       

      なんていうふうに言って、

      そのままを受けて止めてくれる人に

      自分なりに感じたままを吐き出してみるのです。

       

       

      その前に、自分を観察する

      取り組みについて、ここに書いておきます。

       

      独り言をつぶやいてもよし、

      紙に書き出す方法もあります。

       

      すると、どう感じるでしょう?

       

      それがいつもと違う自分と気づいて

      居心地が悪いように感じるかもしれません。

       

      (〜したい。でもできない)

      (そんな自分もありだ)

       

      というふうに、自分を許して、

      今の自分を、どうぞそのまま受け止めてみてください。 

       

       

      例えば、この度の未曾有の震災において、

      どんな被害の状況であれ、

      それぞれに思いがあるでしょう。

       

      (イヤだな)(不安でたまらない)(やりきれない)

      (2年経ったのになぜ〜)…

       

      なんていう、気持ちが生まれてきて

      当然だと思います。

       

      そう感じるのはいけないのではなくて、

      むしろ自然な感情です。

       

       

      もし、ご自分がさらされている環境にストレスを

      感じているならば、どうぞ今の自分を、観察してみてください。

       

      複雑な気持ちを抱えているかもしれません。

       

      もし今の自分の状態が理想的でなかったり、

      情けないと感じたとしても、

       

      (仕方がないさ、こういう自分もありだ)

       

      (それだけのことがあったのだ)

       

      と受け容れた上で、自分のペースを保っていくのです。

       

      (それだけの状況なのだから、こうなるのも仕方がない)

       

      と、自分を認めて、許してみるような感じでしょうか…

       

       

      いつもの自分のペースと違うなあ、というときは、

      無理をせずに、自分を労わる気持ちを持ってみませんか。

       

      一歩引いて、自分自身を観察しつつ、

      信頼できる誰かに、思い切ってそのモヤモヤを

      聴いてもらうのです。

       

      (今の自分は本来と違う)

       

      と感じるなら、だからこそ、

      いつもとは違う今の自分の状態を

      分かち合える存在に近づき、

      寄り添ってもらうです。

       

      心はすっと楽になるでしょう。

      専門家に頼って、体の不調を改善する

      取り組みも大事です。

       

      状況に応じて変化に合わせて、自分を労わり、

      だれかの力を借りて、寄り添ってもらいながら

      新しく心身のペースをつくっていくように

      捉えてみましょう。

       

       

       //       /

      ☆今週のおすすめ☆

       

      ・今の自分を観察する

       ⇒無理をせず、自分を労わる感覚で。

        分かち合える存在に、打ち明けてみる。

       

        

      /  編集後記                   

       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

       

      東日本大震災発生から2年で、各地で式典が数多く

      行われました。

       

      昨日午前中から、私は用事があって外出し、

      仙台市内の街を歩いていました。

       

      早く用事を終わらせて、その時間を迎えたいなという

      気持ちがありました。

       

      帰り道、アーケード商店街を歩いていたら、

      地震発生時刻を前に、黙祷を呼びかける

      アナウンスが流れていました。

       

      商店街には、犠牲者追悼ステージが設けられ、

      ゴスペルの歌声が響いて、人々が聞き入っていました。

       

      県内をはじめ、福島、神戸からの

      シンガーも来ている様子。

       

      だんだん、2時46分が近づいてきます。

      自宅の近所のスーパーに着くと、同じようなアナウンスが。

      時間が来たら、お店の人も、内装工事の人も、

      作業を止めて、買い物客と一緒に黙祷をしますということ。

       

      20分前に帰宅。

      追悼式典のテレビ中継とともに、1分間の黙祷をしました。

       

      あちらこちらで、日本でこうしている人がいるのでしょう。

       

      一人でいる人もいれば、誰かと一緒の人もいる。

      思いのある地に赴く人もいれば、それぞれ場所で。

      いつもの場所で。

       

      テレビのニュースとともに、カレンダーを眺めて…

      ふと、夜に手を合わせた方もいるかもしれません。

       

      どこかで気持ちがつながっているのだなと、

      感じました。

       

       

      PR  *   *   *   *   *   *   *

       

      私のHPをご紹介します。

       「心理カウンセラー大山佳世のSalon Kayo」です。

      http://kayo-salon.com

       

      携帯版HPです。

      http://kayo-salon.com/mobile/

       

      リラックスして、素のままの自分でいられる、

      心地よいサロンのような場所という意味を込めています。

       

      *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

       

      ■よかったらぜひメルマガの感想をお寄せください。

       

       ご感想はこちらへ ⇒mailmag@kayo-salon.com

       

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      発行人▼ 大山佳世

      ご感想・お問い合わせ▼mailmag@kayo-salon.com

       

      ホームページ▼http://kayo-salon.com

       

       Copyright (C) 2011 Kayo Ohyama All rights reserved.

      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      このメールマガジンの登録は

      こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html

       

       

      | メルマガバックナンバー「7日間☆楽しく働くための心のサプリ」 | 14:54 | - | - |
      [7日間楽しく働くための心のサプリ]2013/03/05 号 一呼吸おいてみる
      0
          「7日間楽しく働くための心のサプリ」
        (毎週火曜無料定期発行:大山佳世)のバックナンバーです。

        このメールマガジンの登録は

        こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html

        ☆∴..............................∴☆

                                        

                 7日間☆楽しく働くための心のサプリ       

                                        

        ☆∴..............................∴☆

                                  201335日発行号

                                 

            * このメルマガは、心理カウンセラーの大山佳世が *

            * 楽しく働くためのヒントをお届けしています。  *

         

         

        ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

        【メルマガのコンセプト】                   

        「もっと楽しく働きたい」読者のために心理学やカウンセリング

        の考えを日常に活かすコツを分かりやすくご紹介します。    

                                       

        2011311日「東日本大震災」が発生しました。当メルマガは、

        未曾有の状況の中でストレス社会を生きる読者をサポートします。

        新しい視点の転換法やリラックス法が分かり、少しでもほっとして、

        明日に向かえるメルマガです。                     

        ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

        会話をしているとき、相手の言葉が終わる前に

        自分の言葉をつい、重ねてしまう…

         

        それは、自分も何か言いたいことがあって、

        熱意のあまりかもしれません。

         

        そこで、相手の言葉を聴いてから、

        一呼吸おいてみる。

        それから、話し出す。

         

        こんな、ちょっとした聴き方・話し方の工夫が、

        コミュニケーションをよりよくする基本を

        今回は取り上げています。

         

        では、ここからが本文です。

         

        ☆・‥…━━━━━━━━━━━━━…‥・☆彡

        ┃ 今週のテーマ          

        ┃ 一呼吸おいてみる

        ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         

        話している相手の言葉が終わる前に、

        自分の言葉を重ねてしまった!

         

        なんてことはありませんか?

         

        あるいは、

         

        (そう言えば、逆の立場を経験した!)

         

        なんてことは、

        きっとどなたでもあるのではないでしょうか。

         

         

        さて、それは

         

        (自分が言いたいことがある)

         

        という熱意からかも、しれません。

         

        しかし、言葉を重ねられた側としては、

        自分の話をさえぎられたように、 

        感じるかもしれません。

         

         

        ここで、カウンセリングの

        基本について目を向けてみましょう。

         

        カウンセラーの話を聴く基本姿勢で、

        大切なことの一つが

         

        「相談者が話をしているときは、聴く。言葉を重ねない」

        「話をさえぎらない」

         

        です。

         

        カウンセラーは相談者が言いたいことを

        じっくり聴いて、受け止めます。

         

        相談者の話を聴くとき、批判、意見、評価せず

        カウンセラー自身の経験を、主張したりもしません。

         

        相談者が本人らしい答えが見つけられるように

        寄り添って聴き、サポートするのです。

         

         

        もちろん、日常会話にこれは活かせます。

         

        聴く側は、話を遮らずに耳を傾けます。

        うなずいたり相槌を打ちます。

         

        (じっくり聴いている)

         

        感じが伝わると、相手は

        安心感を寄せてくれます。

         

        相手の言葉が途切れたところで、

        確認したり、伝え返します。

         

        話の中にあった言葉を使って、事柄を確認したり、

        あるいは気持ちを察するような感じで、

         

        (〜な気持ちなんですね)

        と言ってみるのもいいでしょう。

         

         

        もしも、相手の話す言葉につい

        自分の言葉を重ねそうになっていることに

        気づいたら、どうしたらいいのか?

         

        そこで、一呼吸おいてみましょう。

         

        (言いたい)(確認したい)(分かってほしい)

        そんな気持ちがあるのかもしれません。

         

        そこをぐっとこらえてみるのです。

         

         

        もし、言葉を重ねて言ってしまったなら、

         

        (あ、どうぞ)

         

        というふうに、相手を優先する

        態度で示してみるといいでしょう。

         

         

        もし、このようなことがよくあるならば、

        落ち着いた環境で考えられるとき、

        自分の考え方のクセをチェックしてみましょう。

         

        自分には、次のような考えはないかな?

        と、客観的に確認してみるのです。

         

        (自分のことや考えをもっと理解して欲しい)

         

        (相手を評価しようとしていた)

         

        (自分の経験を伝えたい)

         

        などです。

         

        自分を分かって欲しいとか、思い通りにしたいとか

        理想がある・・・

         

        このような、いろいろな心の側面から、

        相手の言葉に自分の言葉を重ねてしまう

        クセが出ているのかもしれません。

         

        こうした、ご自分なりの気持ちに

        気づいてみることが大切です。

         

        相手にこうして欲しいという気持ち、

        期待ばかりが先行し過ぎてはいないでしょうか…?

         

        そこで、相手との心理的な距離を

        一歩引いて、捉えてみるのです。

         

        (どうぞお先に)というように

        余裕を持って「待つ」感じです。

         

         

        そして、相手が言っていること、起きたこと、

        感じていることを、ありのまま受け止めてみます。

         

        (なるほど、この人はこのようなことがあって、

         今このように感じているのだなあ)

         

        (…自分ならそう思わないが、よほどのことがあったのだろう)

         

        というふうにです。

         

         

        言葉を重ねてしまう、

        もしそんな自分のクセに気づいたなら、

         

        「一呼吸おいてみる、言葉を重ねない」

         

        工夫から、どうぞ始めてみてください。

         

        すると、相手を尊重して聴いている

        感じが伝わると思います。

         

        日常の会話で相手と信頼関係をつくるのに、

        役立ちます。

         

         

         //       /

        ☆今週のおすすめ☆

         

        ・一呼吸おいてみる

         ⇒どうぞお先に。

          言葉を重ねない。相手を待つ。

         

          

        /  編集後記                   

         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

         

        来週で、東日本大震災発生から丸2年。

         

        こうしたテーマを扱う、テレビ番組や新聞報道なども、

        目に付きます。

         

        どのように変わってきたのか。

        変わっていないのか。

         

        人それぞれに問題を抱えたり、解決したり

        過程にあると思います。

         

        一方で、震災をきっかけに気づいたこと、

        振り返っていることもあれば、

        学んだこと、ほっとしたこともあるでしょう。

         

         

        (この地に生きて、何ができるのか?)

         

        それぞれのお住まいの地域で、

        改めて感じている方も多いのでは

        ないでしょうか。

         

        現実を踏まえつつ、新しい日常をそれぞれが

        つくり上げていくー。

         

        1日1日の大切さを、私も改めて感じるこの頃です。

         

        PR  *   *   *   *   *   *   *

         

        私のHPをご紹介します。

         「心理カウンセラー大山佳世のSalon Kayo」です。

        http://kayo-salon.com

         

        携帯版HPです。

        http://kayo-salon.com/mobile/

         

        リラックスして、素のままの自分でいられる、

        心地よいサロンのような場所という意味を込めています。

         

        *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

         

        ■よかったらぜひメルマガの感想をお寄せください。

         

         ご感想はこちらへ ⇒mailmag@kayo-salon.com

         

        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        発行人▼ 大山佳世

        ご感想・お問い合わせ▼mailmag@kayo-salon.com

         

        ホームページ▼http://kayo-salon.com

         

         Copyright (C) 2011 Kayo Ohyama All rights reserved.

        ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        このメールマガジンの登録は

        こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html

         

         

        | メルマガバックナンバー「7日間☆楽しく働くための心のサプリ」 | 13:29 | - | - |
        [7日間楽しく働くための心のサプリ]2013/02/26 抱いた理想にくじけそうなとき
        0
           

          「7日間楽しく働くための心のサプリ」
          (毎週火曜無料定期発行:大山佳世)のバックナンバーです。

          このメールマガジンの登録は

          こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html


          ☆∴..............................∴☆

                                          

                   7日間☆楽しく働くための心のサプリ       

                                          

          ☆∴..............................∴☆

                                    2013226日発行号

                                   

              * このメルマガは、心理カウンセラーの大山佳世が *

              * 楽しく働くためのヒントをお届けしています。  *

           

           

          ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

          【メルマガのコンセプト】                   

          「もっと楽しく働きたい」読者のために心理学やカウンセリング

          の考えを日常に活かすコツを分かりやすくご紹介します。    

                                         

          2011311日「東日本大震災」が発生しました。当メルマガは、

          未曾有の状況の中でストレス社会を生きる読者をサポートします。

          新しい視点の転換法やリラックス法が分かり、少しでもほっとして、

          明日に向かえるメルマガです。                     

          ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

           

          (絶対に〜する!)

           

          しかし、その理想に合わない状況になったとき、

          何もかもすっかり諦めてしまいたくなる…

           

          なんてことはないでしょうか。

           

          理想を叶えたい気持ちが強過ぎて、

          少しでもうまくいかないと、

          投げ出してしまいたくなる場合の

          対処・予防の考え方を取り上げています。

           

          では、ここからが本文です。

           

          ☆・‥…━━━━━━━━━━━━━…‥・☆彡

          ┃ 今週のテーマ          

          ┃ 抱いた理想にくじけそうなとき

          ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

           

          (もういいや!)

           

          少しでも、理想とずれていることが起きると

          すっかり気分が落ち込んでしまい、

           

          (もう駄目だ…)

           

          と、理想や計画そのものを

          放り出してしまう場合を取り上げたいと思います。

           

           

          (絶対、今月〜する)

           

          といった理想や目標を掲げるのはいいのですが、

          成し遂げたい思いが強いあまり、

          少しでもうまくいかないことがあると、

          自分自身を追い詰めてしまうかもしれません。

           

          その結果、理想や計画そのものを

          やめてしまいたくなるのです。

           

          これは、完璧にこなそうとするあまり、

          出来ていることに目が行かず、

          少しでも出来ていないことがあると、

          それにばかり目が行ってしまう状況と言えるでしょう。

           

           

          理想を目指すのは、

          それ自体はもちろんいいことだと思います。

           

          ただし、それにこだわり過ぎると

          理想にかなわない状況に振り回されて、

          (もういいや!)なんて

          投げやりになる気持ちが生まれるかもしれません。

           

           

          ご自分について、点検しみましょう。

           

          (絶対に)という意気込みが強く、

          自分自身を追い詰めてしまいやすい傾向があるなら、

          そういう点を、まずは自己チェックしておくといいでしょう。

           

          大切なのは、(絶対に〜しよう)というくらい決意したとしても

          うまくいかないことがあったのなら、

          その状況を否定せずに受け止めてみることです。

           

          その状況を否定したままだと、

          自分自身の心が空回りして、なかなか行動も前に進めません。

           

           

          理想に合わない現実を

          どのように受け止めたらいいのか?

           

          (残念だけれど、こういうことがあった)

           

          (絶対に〜しようという考えだったが、できないこともある)

           

          というふうに捉えて、それをそのまま受け入れるのです。

           

          例えば、

           

          (今月は残念ながら目標に合わなかった)

           

          といったようにです。

           

           

          このように現実は現実として受け止めつつ、

           

          (出来ていた事実はどんなことがあるのか?)

           

          (目標達成のために、〜をして頑張ろうとした)

           

          と客観的に確認してみます。

           

          (なんとかしようと考えて、模索していた)

          と、プロセスそのものに目を向けてみるのも大切です。

           

           

          理想や目標そのものをすぐに取り下げるのではなく、

          客観的に出来ていたことや、

          なんとかしようとしたプロセスを吟味してから、

          考え方を現実的に修正していくのです。

           

          (こういうこともある。ではどうすればいいのか)

           

          (何か違う方法があるだろうか)

           

          (来月はどうしようか、やり方を吟味しよう)

           

          というふうに、近い未来に向けて

          別の考え方を探す視点に切り替えられ、

          次の行動、ステップに移せます。

           

           

           //       /

          ☆今週のおすすめ☆

           

          ・抱いた理想にくじけそうなとき

           ⇒状況を受け止める。

            客観的に現実的な考えを探す。

           

            

          /  編集後記                   

           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

           

          街のショーウィンドウには、春の装いが

          飾られています。

           

          春の訪れが待ち遠しく、

          それまでのワクワクとした気持ちを

          表現しているようでもあります。

           

          さて、ちらちらと雪が降って、

          夜空の月を見上げるとき、

          やはり、私は3.11の夜を思い出します。

           

          あの日は、夕方から雪で、大停電の仙台の夜に

          月がくっきりと光っていました。

           

          2年前のお雛様の時期は、3.11の前だった…

          と思い巡らし、当たり前の日常を持つことの

          ありがたさを改めて感じるこの頃です。

           

           

          *  *   *   *   *   *   *   *

           

          「楽しく働くための心理学 女性限定ワークショップ」

          2月のテーマ「マイ・リソース」で

          当日、お寄せいただきましたご感想をお届けします。

           

          ※アンケートにご協力いただいたご参加者のなかから

          掲載許可をいただきました内容を一部抜粋しています。

           

          【ご感想】

           

          ☆「自分の過去を振り返る時間をしっかりももて良かった。

           

          良くも悪くも、私がしてきた経験は、大切なものとして

          これからの生きてくると思うことで、前向きな考えが

          少しはできたと思う。

          S.A)220日ご参加

           

           

          私のHPをご紹介します。

           「心理カウンセラー大山佳世のSalon Kayo」です。

          http://kayo-salon.com

           

          携帯版HPです。

          http://kayo-salon.com/mobile/

           

          リラックスして、素のままの自分でいられる、

          心地よいサロンのような場所という意味を込めています。

           

          *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

           

          ■よかったらぜひメルマガの感想をお寄せください。

           

           ご感想はこちらへ ⇒mailmag@kayo-salon.com

           

          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          発行人▼ 大山佳世

          ご感想・お問い合わせ▼mailmag@kayo-salon.com

           

          ホームページ▼http://kayo-salon.com

           

           Copyright (C) 2011 Kayo Ohyama All rights reserved.

          ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          このメールマガジンの登録・解除は

          こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html

           

           

          | メルマガバックナンバー「7日間☆楽しく働くための心のサプリ」 | 16:01 | - | - |
          [7日間楽しく働くための心のサプリ]2013/02/19号 出さない手紙を書いてみる
          0
             

            「7日間楽しく働くための心のサプリ」
            (毎週火曜無料定期発行:大山佳世)のバックナンバーです。

            このメールマガジンの登録は

            こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html

            ☆∴..............................∴☆

                                            

                     7日間☆楽しく働くための心のサプリ       

                                            

            ☆∴..............................∴☆

                                      2013219日発行号

                                     

                * このメルマガは、心理カウンセラーの大山佳世が *

                * 楽しく働くためのヒントをお届けしています。  *

             

            ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

            【メルマガのコンセプト】                   

            「もっと楽しく働きたい」読者のために心理学やカウンセリング

            の考えを日常に活かすコツを分かりやすくご紹介します。    

                                           

            2011311日「東日本大震災」が発生しました。当メルマガは、

            未曾有の状況の中でストレス社会を生きる読者をサポートします。

            新しい視点の転換法やリラックス法が分かり、少しでもほっとして、

            明日に向かえるメルマガです。                     

            ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

             

            どうしても気持ちの収まりがつかないとき、

            堂々巡りになってしまうときなど、

            そのままにしておくと、

            行き場のないような気持ちがたまってしまいます。

             

            そこで、今回は、手紙の形で

            書き出してみる方法をご紹介しましょう。

             

            感情を吐き出しつつ、

            冷静に自分の気持ちを見つめるのに効果的です。

             

            では、ここからが本文です。

             

            ☆・‥…━━━━━━━━━━━━━…‥・☆彡

            ┃ 今週のテーマ          

            ┃ 出さない手紙を書いてみる

            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             

            (出さない手紙?!

             

            テーマを読んで、不思議に思われた方も

            いらっしゃるかもしれません。

             

             

            (気持ちがどうにも収まらない)

             

            (堂々巡りになってしまう)

             

            (ひとつの考えにとらわれて抜け出せない)…

             

            そんなとき、そのままにして放っておかず対処しておくと、

            悶々とした思いで、自分を苦しめることから

            予防することができます。

             

             

            今日ご紹介するのは、

            手紙の形で、自分の気持ちを書き出してみる方法です。

             

            どんなことが起きて、自分がどう感じているのか

            書き出してみるのです。

             

            あて先は、「自分」にしてみましょう。

             

            出さない手紙とは、自分への手紙。

             

            もう一人の自分へとしてみると、

            気軽に取り組めると思います。

             

             

            人間関係で何か傷つきがあった場合にも、

            おすすめ。

             

            こんなことがあってつらかったとか、悔しかったとか、

            相手に対しての思いのたけを、

            つづってみてください。

             

            本当は、このようにしてもらいたかったという

            相手への理想を書いてみてもいいでしょう。

             

             

            そして、感情を吐き出したら、

             

            (よく耐えているね)

             

            (なんとかここまでやり過ごしてきたよ)

             

            (ここまで苦しんだんだから、大変だったよね)

             

            なんていうふうに、自分をねぎらってみるといいでしょう。

             

             

            この手紙は、誰にも見せないもので、

            投函することはないので、自由に書いてみていいのです。

             

            もちろんこれだけでもいいのですが、

            この作業を丁寧にしてみると、

            何か別の考えが浮かんでくるかもしれません。

             

            例えば、

             

            (こう考えるともう少し楽になれるかな)

             

            (相手もそれなりの事情があったのかもしれない)

             

            (こんなことに振り回されるにはもったいないな)

             

            (私も対応もまずかった)

             

            なんていうふうに、別の考えが生まれてくるかもしれません。

             

             

            手紙にして書き出すと、文字に込められたエネルギーに

            自分の行き場のない感情が

            込められているとわかるでしょう。

             

            行き場のない感情は声だけでなく、

            文字にして書き出してみると、発散でき

            客観的に物事を見つめるのに役立ちます。

             

             

             //       /

            ☆今週のおすすめ☆

             

            ・出さない手紙を書いてみる

             ⇒行き場のない感情を吐き出す。

             

              

            /  編集後記                   

             ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

             

            バレンタインデーに、先輩の女性から

            思いがけない、お菓子の贈り物が届きました。

             

            カラフルな色合いのマカロンや

            お雛様をかたどった和三盆のお菓子などの

            詰め合わせです。

             

            数か月前に、偶然出会ったときのことを思い出して

            送ってくださったとのこと。

             

            陶器でできたお雛様の前に、そっとお供えしてあります。

             

            *  *   *   *   *   *   *   *

             

            *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  * 

             

            私のHPをご紹介します。

             「心理カウンセラー大山佳世のSalon Kayo」です。

            http://kayo-salon.com

             

            携帯版HPです。

            http://kayo-salon.com/mobile/

             

            リラックスして、素のままの自分でいられる、

            心地よいサロンのような場所という意味を込めています。

             

            *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

             

            ■よかったらぜひメルマガの感想をお寄せください。

             

             ご感想はこちらへ ⇒mailmag@kayo-salon.com

             

            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            発行人▼ 大山佳世

            ご感想・お問い合わせ▼mailmag@kayo-salon.com

             

            ホームページ▼http://kayo-salon.com

             

             Copyright (C) 2011 Kayo Ohyama All rights reserved.

            ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            このメールマガジンの登録は

            こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html

             

             

             

            | メルマガバックナンバー「7日間☆楽しく働くための心のサプリ」 | 10:43 | - | - |
            [7日間楽しく働くための心のサプリ]2013/02/12号 過小・過大評価の自己チェック
            0

              「7日間楽しく働くための心のサプリ」
              (毎週火曜無料定期発行:大山佳世)のバックナンバーです。

              このメールマガジンの登録は

              こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html

              ☆∴..............................∴☆

                                              

                       7日間☆楽しく働くための心のサプリ       

                                              

              ☆∴..............................∴☆

                                        2013212日発行号

                                       

                  * このメルマガは、心理カウンセラーの大山佳世が *

                  * 楽しく働くためのヒントをお届けしています。  *

              ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

              【メルマガのコンセプト】                   

              「もっと楽しく働きたい」読者のために心理学やカウンセリング

              の考えを日常に活かすコツを分かりやすくご紹介します。    

                                             

              2011311日「東日本大震災」が発生しました。当メルマガは、

              未曾有の状況の中でストレス社会を生きる読者をサポートします。

              新しい視点の転換法やリラックス法が分かり、少しでもほっとして、

              明日に向かえるメルマガです。                     

              ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

               

              (どうせ私なんて…)

               

              と自分のことを小さく見積もる

              一方で、他人のことはよく見える…

              なんて、ことはありませんか。

               

              それは、現実的なもの見方に

              基づいているでしょうか?

               

              今回は、行き過ぎた思い込みがあるなら、

              それに気づいて、客観的に自己点検してみる方法を

              ご紹介します。

               

              「認知療法」に基づいて、お届けします。

              では、ここからが本文です。

               

              ☆・‥…━━━━━━━━━━━━━…‥・☆彡

              ┃ 今週のテーマ          

              ┃ 過小・過大評価の自己チェック

              ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

               

               

              (どうせ私なんか〜だ)

               

              と、自分の失敗を大きく捉え過ぎ、

              できていることがあるのに

              それは小さく捉え過ぎている…

              なんてことはありませんか?

               

              しかし一方で、他人のことはよく見えたりします。

              他人の失敗はむしろ見逃して、

              他人ができていることは、大きく捉えるのです。

               

               

              落ち込んでいるとき、人は思い込み、

              行き過ぎた考え方に陥っていると、「認知療法」では捉えます。

               

              その思い込みの思考パターンの一つを

              ご紹介しましょう。

               

              それが、「過小評価・過大評価」です。

               

              客観的で現実に基づいた評価ができなくなり、

              そのことでますます、自分を苦しめてしまうのです。

               

              では、どうしたらいいのか?

               

               

              まずは、自分の考えが行き過ぎていないか、

              自己点検してみましょう。

               

              (ちょっと行き過ぎてない?)

               

              (自分に対して、厳し過ぎないかな?)

               

              (その考え方は現実的?)

               

              という風に、自己チェックしていきます。

               

               

              どんな出来事があったのか、

              実際に起きている事実を

              洗い直してみるといいでしょう。

               

              その時使いたいのが、5W1Hの法則。

               

              できるだけでかまいません。

               

              誰、いつ、何、どこで、なぜ、どのように、

              とポイントを押さえて、書き出してみてください。

               

              すると、より整理されて、わかりやすいでしょう。

               

               

              そうして、書き出してみたことを

              チェックしてみるのです。

               

              限られた回数の出来事の失敗などから

              自分を小さく見積もり過ぎている…

              なんてことはないでしょうか?

               

              自分の力だけではどうにもならないようなことまで、

              自分を責めてはいないでしょうか?

               

              できている部分があるのに、

              見逃してはいないでしょうか?

               

               

              このように、別の角度から

              自分自身の考え方に対して、問いかけてみるのです。

               

              そうして、今度はもう少し現実的な考え方を

              探してみるのです。

               

              (次からはミスをなくそう)

               

              (誰かに相談してみよう)

               

              (いい方法がないか、アイデアを出そう)

               

              (うまくいかないときもあるさ。できるだけ頑張ろう)…

               

              なんていう風に、違う考え方で

              バランスの取れたもの捉え方の状態にしていきます。

               

               

              ストレスに押しつぶされそうな時、

              自分の状態を丁寧に確認してみましょう。

               

              自分への評価が現実離れしていることがあります。

               

              まずそこに気づくことからスタートして、

              別の考え方で捉えてみると、

              心を柔軟でバランスの取れた状態にしていけます。

               

               //       /

              ☆今週のおすすめ☆

               

              ・過小・過大評価の自己チェック

               ⇒自分への評価を客観的に見つめることからスタート。

               

                

              /  編集後記                   

               ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

               

              東日本大震災発生から、111ヶ月が過ぎました。

              来月で丸2年。

               

              この間に、いろいろな方々との出会いを

              私もしました。

               

              震災発生の前に、それぞれの生活がありました。

              お互いに、新しい生活を

              作り直していく過程での出会いでした。

               

              3.11前から持っていた課題に対しても、さらに

              真剣に取り組む人たちの姿を感じています。

               

              人間関係・生き方を捉え直し、

              現実生活を生きるためにどうしたらいいのか。

               

              当メルマガを含め、私の活動が

              日々の生活にお役に立てるよう

              進んで参りたいと思います。

               

              どうぞよろしくお願いします。

               

              *  *   *   *   *   *   *   *

               

              「楽しく働く心理学 女性限定ワークショップ」

              1月のテーマ「セルフプロデュース」で

              当日、お寄せいただきましたご感想をお届けします。

               

              ※アンケートにご協力いただいたご参加者のなかから

              掲載許可をいただきました内容を一部抜粋しています。

               

              【ご感想】

              ☆自分の望みを実現するために、どんどん具体化していく作業は

              今後役立ちそうです。

               

              ただ、過去との関連付けは、私はできませんでした。

              今回は時間が短く感じました。

              H.S)130日ご参加

               

              ☆普段気づかなかったことや、

              解っていてもなかなか行動できなかったり、

              何をしたらいいか、どうしたらいいか迷ったり悩んだりしたときのことを

              具体的に文章にしたり、考えたりするのが良かったです。

              T.M)130日ご参加

               

              ☆自分でもふとしたときに、自分を振り返っていた。

              しかし、90分の時間をとって自分を振り返ることはなく、

              今まで漠然としていたものを整理する時間となった。

              1つ思いつくと、次々と思い浮かぶイメージに

              自分自身驚く。

               

              背中を押してくれるワークショップでした。

              もっと早く知れば良かった。

              心理カウンセラーさんを探していました。

              S.S)130日ご参加

               

              ☆企画書を書くことによって、

              行動しなくてはいけない優先順位がわかりました。

              I.K)123日ご参加

               

               

              *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  * 

               

              私のHPをご紹介します。

               「心理カウンセラー大山佳世のSalon Kayo」です。

              http://kayo-salon.com

               

              携帯版HPです。

              http://kayo-salon.com/mobile/

               

              リラックスして、素のままの自分でいられる、

              心地よいサロンのような場所という意味を込めています。

               

              *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

               

              ■よかったらぜひメルマガの感想をお寄せください。

               

               ご感想はこちらへ ⇒mailmag@kayo-salon.com

               

              ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              発行人▼ 大山佳世

              ご感想・お問い合わせ▼mailmag@kayo-salon.com

               

              ホームページ▼http://kayo-salon.com

               

               

               Copyright (C) 2011 Kayo Ohyama All rights reserved.

              ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              このメールマガジンの登録は

              こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html

               

               

               

               

               

               

              | メルマガバックナンバー「7日間☆楽しく働くための心のサプリ」 | 17:22 | - | - |
              [7日間楽しく働くための心のサプリ]2013/02/05 自分に問いかけてみる
              0
                 

                「7日間楽しく働くための心のサプリ」
                (毎週火曜無料定期発行:大山佳世)のバックナンバーです。

                このメールマガジンの登録は

                こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html

                ☆∴..............................∴☆

                                                

                         7日間☆楽しく働くための心のサプリ       

                                                

                ☆∴..............................∴☆

                                          201325日発行号

                                         

                    * このメルマガは、心理カウンセラーの大山佳世が *

                    * 楽しく働くためのヒントをお届けしています。  *

                 

                 

                こんにちは。大山佳世です。

                 

                お元気でいらっしゃいますか?

                 

                節分も過ぎ、また改まった気分で

                日々を過ごされているかもしれませんが、いかがでしょう。

                 

                当メルマガでは、心理学の考え方を日常に活用する方法を、

                出来るだけわかりやすく、ご紹介しています。

                 

                (うまくいないなあ…)

                (もっと自分らしくありたいな)

                 

                なんて感じるときに、

                ぜひ試していただければと、思います。

                 

                それでは、今回もどうぞよろしくお願いします。

                 

                ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

                【メルマガのコンセプト】                   

                「もっと楽しく働きたい」読者のために心理学やカウンセリング

                の考えを日常に活かすコツを分かりやすくご紹介します。    

                                               

                2011311日「東日本大震災」が発生しました。当メルマガは、

                未曾有の状況の中でストレス社会を生きる読者をサポートします。

                新しい視点の転換法やリラックス法が分かり、少しでもほっとして、

                明日に向かえるメルマガです。                     

                ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

                 

                (気持ちを切り替えたいな)

                 

                そんなときに、お役にたつ方法を

                ひとつご紹介しましょう。

                 

                それは、自分自身に問いかけてみる方法です。

                 

                丁寧に自分自身の内面を確認していき、

                前向きになるのに役立ちます。

                 

                できてきたことに目を向けつつ、

                自分なりの答えを探していく方法です。

                 

                では、ここからが本文です。

                 

                ☆・‥…━━━━━━━━━━━━━…‥・☆彡

                ┃ 今週のテーマ          

                ┃ 自分に問いかけてみる

                ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                 

                (気持ち、切り替えていきたい…)

                 

                (うまくいかないなぁ)

                 

                物事がうまくいかなかったり、

                思うようにいかないことがあって

                落ち込んでしまう…

                 

                後悔したり、自分を責めることさえ、

                あるかもしれません。

                 

                理想と現実に、ギャップを感じてこのようになるのは

                もちろん、それは自然のことです。

                 

                そう感じずにはいられない…

                状況なのでしょう。

                 

                 

                大切なのは、その後。

                 

                ずっと落ち込んだりしたままですと

                なかなか前に踏み出せないままに、

                堂々巡りで、自分を追い詰めてしまいかねません。

                 

                どこかのタイミングで、気分を変えて

                前に進もうと切り替えていくことが大切です。

                 

                 

                (そうはいってもねえ。それができないのよ)

                 

                こんな風に感じるときこそ、

                自分自身に問いかけてみることが役に立ちます。

                 

                ここで、失敗の原因探しばかりしてしまうと、

                かえってマイナスになってしまいます。

                 

                問題点ばかり探しても、かえって落ち込みを

                深くしかねません。

                 

                 

                それでは、どのように自分に問いかけたらいいのか?

                 

                (私、どうしてここまでやってこれたのかな?)

                 

                (どんな風に乗り越えてきたのかしら…)

                 

                (何とか、やり過ごしてきたよねえ。そのコツはなんだったかしら)

                 

                などと、自分がやれていることに

                目を向けてみるような

                問いかけをしてみましょう。

                 

                優しく、自分をねぎらうように

                やんわりとがポイント。

                 

                言葉に出しても、心の中だけでもいいのです。

                 

                 

                すると、

                 

                (そうねえ。わかってくれる人もいたからかな)

                 

                (まっ、いいかっていう開き直りかな!)

                 

                (私なりに工夫もしたしねぇ)

                 

                というように、ご自分なりの答えが出てくるでしょう。

                 

                自分に問いかけているのですから、

                自分に答えるだけでいいのです。

                 

                誰に言う必要も、もちろんありません。

                 

                 

                今までやってこれたことに目を向けて、

                ご自分なりの答えが見えてくると、

                気持ちを切り替えていく、エネルギーというか

                力がわいてくるのを感じられると思います。

                 

                そうすると、前向きに考えようとする姿勢につながり、

                気持ちを切り替えていくきっかけになります。

                 

                 

                 //       /

                ☆今週のおすすめ☆

                 

                ・自分に問いかけてみる

                 ⇒できていることに目を向けてみる

                 

                  

                /  編集後記                   

                 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                 

                メルマガをお読みくださり、ありがとうございます。

                 

                今月の「楽しく働く心理学 女性限定ワークショップ」開催で、

                当ワークショップを開催してから、丸2年になります。

                 

                ご参加くださった皆様、注目してくださっている皆様に

                感謝です。ありがとうございます。

                 

                これからも、参加型で、身近に活かせる心理学を

                お伝えして参りたいと思います。

                 

                 

                さて、最近、あるイベント情報サイトを教えていただいたので、

                こちらにも、情報を掲載させていただいております。

                 

                サイトとは、その名も「きてけさin」です!

                 

                仙台弁をご存知の方なら、

                きっと、クスリと笑いたくなるのではないでしょうか。

                 

                そうでない方は、「はぁ?」「何、それ」と気になるかもしれません。

                 

                仙台弁の「けさいん」とは、「〜してください」と、

                お願いする意味があります。

                 

                「来てけさいん」、来てくださいの意味を

                もじったもののようです。

                 

                このサイトには、地域のイベントが掲載されていますので、

                仙台圏の方には、きっと便利にご活用いただけると思いますので、

                よかったら、ご覧ください。

                 

                当ワークショップ「楽しく働く心理学」は、

                「心理学」で検索すると出てきます。

                どうぞよろしくお願いします。

                 

                仙台圏イベント情報ソーシャルサイト

                きてけさin 仙台

                http://kitekesain.com/

                 

                *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  * 

                 

                私のHPをご紹介します。

                 「心理カウンセラー大山佳世のSalon Kayo」です。

                http://kayo-salon.com

                 

                携帯版HPです。

                http://kayo-salon.com/mobile/

                 

                リラックスして、素のままの自分でいられる、

                心地よいサロンのような場所という意味を込めています。

                 

                *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

                 

                ■よかったらぜひメルマガの感想をお寄せください。

                 

                 ご感想はこちらへ ⇒mailmag@kayo-salon.com

                 

                ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                発行人▼ 大山佳世

                ご感想・お問い合わせ▼mailmag@kayo-salon.com

                 

                ホームページ▼http://kayo-salon.com

                 

                 

                 Copyright (C) 2011 Kayo Ohyama All rights reserved.

                ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                このメールマガジンの登録は

                こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html

                 

                | メルマガバックナンバー「7日間☆楽しく働くための心のサプリ」 | 17:40 | - | - |
                [7日間楽しく働くための心のサプリ]2013/01/29 号 音楽でリセット
                0
                   

                   

                  「7日間楽しく働くための心のサプリ」
                  (毎週火曜無料定期発行:大山佳世)のバックナンバーです。

                  このメールマガジンの登録は

                  こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html

                   

                  ☆∴..............................∴☆

                                                  

                           7日間☆楽しく働くための心のサプリ       

                                                  

                  ☆∴..............................∴☆

                                            2013129日発行号

                                           

                      * このメルマガは、心理カウンセラーの大山佳世が *

                      * 楽しく働くためのヒントをお届けしています。  *

                   

                   

                  ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

                  【メルマガのコンセプト】                   

                  「もっと楽しく働きたい」読者のために心理学やカウンセリング

                  の考えを日常に活かすコツを分かりやすくご紹介します。    

                                                 

                  2011311日「東日本大震災」が発生しました。当メルマガは、

                  未曾有の状況の中でストレス社会を生きる読者をサポートします。

                  新しい視点の転換法やリラックス法が分かり、少しでもほっとして、

                  明日に向かえるメルマガです。                     

                  ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

                   

                  (言葉にならないなぁ)

                   

                  なんて気持ちを、好きな曲を聴くことで

                  落ち着けてみる、簡単なリラックス法があります。

                   

                  気楽に身近に出来ますので、

                  無意識のうちに自然に取り入れていることも多いでしょう。

                   

                  考えることに疲れたなら、あるいは日常的なリラックスに

                  普段から意識して活用してみましょう、

                  ということを今回は書いています。

                   

                  では、ここからが本文です。

                   

                  ☆・‥…━━━━━━━━━━━━━…‥・☆彡

                  ┃ 今週のテーマ          

                  ┃ 音楽でリセット

                  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   

                  (何だかつかれたなあ)

                   

                  (言葉に表せないなあ)

                   

                  理屈では片づけられない、感情が

                  人間ならば、いろいろあるでしょう。

                   

                   

                  (何だかわからないけれど…)

                   

                  そんなときには、考えるのをやめて

                  リラックスに集中してみるのです。

                   

                  考えることはストップ。

                   

                   

                  (そうはいっても、考えてしまうのよ…)

                   

                  という方にこそ、

                  五感を使うことがおすすめ。

                   

                  考えるのでなく、感じるのです。

                   

                  五感の中でも、今日は聴覚に目を向け、

                  音楽を取り上げてみます。

                   

                   

                  さあ、そのときのご自分の気分に合った

                  音楽を選んで流してみましょう。

                   

                  そうすることで自分なりに

                  リラックスした状態に浸れます。

                   

                   

                  (私、こんなことしていて、いいのかしら?)

                   

                  (もっと真剣に考えなくてはいけないのに)

                   

                  と、追い詰めるのはやめましょう。

                   

                  もちろん、心身が危機的な状況にあるなら

                  まずはそれなりの対応が必要ですが、

                  自分が安全で守られた環境にあるならば、

                  とりあえず、リラックスに集中してみるのです。

                   

                   

                  今の気持ちに同調するような

                  音楽のですと、より一体感を感じられると思います。

                   

                  ですから、もし今つらい状況で

                  落ち込んでいるとして

                   

                  (落ち着いた曲が聴きたいな)

                   

                  と静かな曲を選んでみるのも、

                  ご自分なりのリラックスだと、思います。

                   

                  つまり今の自分を、音楽と共に

                  一緒に受け入られるような

                  感覚を持てると思います。

                   

                  今、つらくて落ち込んで暗い気持ちだから、

                  明るくならなくてはと

                  明るい感じの歌詞のついた曲などを無理して

                  聴いたりすることもありません。

                   

                  無理に気分を転換しようとするよりも、

                  自分の気持ちに寄り添うような

                  曲がいいでしょう。

                   

                   

                  こうしたことは、普段無意識に、

                  自然に行っていると思います。

                   

                  そこで意識して、

                   

                  (今日はこんな調子だから、

                  あの曲がいいかな)

                   

                  なんていう風に取り組んでみるのは、

                  さらに自分が主体となって工夫している

                  感覚が得られると思います。

                   

                  生きるための心のエネルギー補給、

                  今を維持するための充電、

                  あるいは、心をリセットする工夫といった

                  感じでしょうか。

                   

                  五感の聴覚を刺激して、

                  自然にリラックスできますので、おすすめです。

                   

                   //       /

                  ☆今週のおすすめ☆

                   

                  ・音楽でリセット

                   ⇒意識的に五感を刺激する。

                    自分が主体となって工夫。

                    

                  /  編集後記                   

                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                   

                  こんにちは。

                   

                  街を歩くと、バレンタインの飾りつけが

                  目に留まるようになりました。

                   

                  甘いチョコを一口。

                   

                  夕方、紅茶と一緒にほおばってみると

                  安らいだ気持ちになりました。

                   

                  一番寒い季節だからこそ、

                  暖まりたくなる、2月もすぐそこです。

                   

                  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  * 

                   

                  私のHPをご紹介します。

                   「心理カウンセラー大山佳世のSalon Kayo」です。

                  http://kayo-salon.com

                   

                  携帯版HPです。

                  http://kayo-salon.com/mobile/

                   

                  リラックスして、素のままの自分でいられる、

                  心地よいサロンのような場所という意味を込めています。

                   

                  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

                   

                  ■よかったらぜひメルマガの感想をお寄せください。

                   

                   ご感想はこちらへ ⇒mailmag@kayo-salon.com

                   

                  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  発行人▼ 大山佳世

                  ご感想・お問い合わせ▼mailmag@kayo-salon.com

                   

                  ホームページ▼http://kayo-salon.com

                   

                   Copyright (C) 2011 Kayo Ohyama All rights reserved.

                  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  このメールマガジンの登録は

                  こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html

                   

                   

                   

                   

                  | メルマガバックナンバー「7日間☆楽しく働くための心のサプリ」 | 22:39 | - | - |
                  [7日間楽しく働くための心のサプリ]2013/01/22 残念なことが起きたなら
                  0
                     

                     

                    「7日間楽しく働くための心のサプリ」
                    (毎週火曜無料定期発行:大山佳世)のバックナンバーです。

                    このメールマガジンの登録は

                    こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html

                     

                    ☆∴..............................∴☆

                                                    

                             7日間☆楽しく働くための心のサプリ       

                                                    

                    ☆∴..............................∴☆

                                              2013122日発行号

                                             

                        * このメルマガは、心理カウンセラーの大山佳世が *

                        * 楽しく働くためのヒントをお届けしています。  *

                     

                    ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

                    【メルマガのコンセプト】                   

                    「もっと楽しく働きたい」読者のために心理学やカウンセリング

                    の考えを日常に活かすコツを分かりやすくご紹介します。    

                                                   

                    2011311日「東日本大震災」が発生しました。当メルマガは、

                    未曾有の状況の中でストレス社会を生きる読者をサポートします。

                    新しい視点の転換法やリラックス法が分かり、少しでもほっとして、

                    明日に向かえるメルマガです。                     

                    ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

                     

                    (仕方がないなあ)

                     

                    残念だと感じる出来事に対して、

                    どのように対処しているでしょうか。

                     

                    このようにまずは受け入れてみる。

                     

                    そこから、次の段階へのスタートになる、ということを

                    今回は書いています。

                     

                    では、ここからが本文です。

                     

                    ☆・‥…━━━━━━━━━━━━━…‥・☆彡

                    ┃ 今週のテーマ          

                    ┃ 残念なことが起きたなら

                    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     

                    (仕方がないなあ)

                     

                    (諦めよう)

                     

                    思いもかけないこと、残念なことが起きたとき、

                    そのこと自体を受け止めることが大切です。

                     

                    ですから、冒頭のように

                    (仕方がないなあ)(諦めよう)と

                    捉えてみるのは、マイナス思考ではありません。

                     

                    むしろ、現実を受け入れようとしている態度と

                    言えましょう。

                     

                     

                    さて、残念なことが起きたとき

                     

                    (またこんなことが起きた)

                    (次も起こるに違いない)

                    (私だけこんなふうになる)…などと

                     

                    過度に一般化したり、自分だけに起こる問題として

                    捉えてしまうと、ますます

                    その考えに縛られてしまいます。

                     

                    まずは、起きたことは事実として、

                     

                    (残念なことだけれど、受け入れよう)

                     

                    というふうに、捉えてみるのです。

                     

                    (仕方がない)(諦めよう)というのは

                    現実を受けれ入れる段階で、

                    その出来事を認める重要なステップに

                    必要な構えなのです。

                     

                     

                    自分にとって、思いもかけない残念なことを

                    仕方がないから諦めようなどと捉えるのは、

                    マイナス思考でも、悲観的な態度ではありません。

                     

                    むしろ、今の状況をありのままに

                    認めようとする態度なのです。

                     

                    今の自分の状況そのものを

                    (こんなことが起こるはずはない)

                    と否定してとしても、状況は変わりません。

                     

                    まず、起きている状況そのものを

                    (仕方がないなあ、こんなこともある)

                    (残念だけれど、諦めよう)

                    というふうに、認めるのです。

                     

                     

                    自分にとって不本意な出来事も

                    まずは受け入れたとき、

                    次の一歩が見えてくるでしょう。

                     

                    (不本意だけれども、新しくやり直せばいい)

                     

                    (悲しいけれど、分かってくれる人もいる)

                     

                    なんて、自分なりに

                    問題に向き合う考えを探せると思います。

                     

                     

                    もちろん、ご自分にとって残念なことが起きたのですから、

                    それを受け入れるには

                    時間がかかるかもしれません。

                     

                    そんなときこそ、誰か身近な信頼できる人の

                    力を借りてみましょう。

                     

                    (残念だけれど、誰かにこの気持ちを話してみよう)

                     

                    と捉えてみるのです。

                     

                    そうして、周りのサポートをもらいながら

                    受け入れていくプロセスは、

                    自己回復につながります。

                     

                     

                     //       /

                    ☆今週のおすすめ☆

                     

                    ・残念なことが起きたなら

                     ⇒残念だけれど、受け入れる

                      

                    /  編集後記                   

                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                     

                    寒さが厳しさを増していますが、皆様は

                    暖かくしてお過ごしでしょうか。

                     

                    私は、そのときの気分に合わせて、

                    アロマを選んで、香らせてみます。

                     

                    ローズオットー、オレンジスィート、ラベンダー…

                    香りには個性があり、それぞれに楽しませてくれます。

                     

                    はなやかだったり、さわやかだったり、

                    やさしげだったり。

                     

                    香りの個性を通して、植物の不思議さ、面白さを

                    感じさせてくれます。

                     

                    *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  * 

                     

                    私のHPをご紹介します。

                     「心理カウンセラー大山佳世のSalon Kayo」です。

                    http://kayo-salon.com

                     

                    携帯版HPです。

                    http://kayo-salon.com/mobile/

                     

                    リラックスして、素のままの自分でいられる、

                    心地よいサロンのような場所という意味を込めています。

                     

                    *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

                     

                    ■よかったらぜひメルマガの感想をお寄せください。

                     

                     ご感想はこちらへ ⇒mailmag@kayo-salon.com

                     

                    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    発行人▼ 大山佳世

                    ご感想・お問い合わせ▼mailmag@kayo-salon.com

                     

                    ホームページ▼http://kayo-salon.com

                     

                     Copyright (C) 2011 Kayo Ohyama All rights reserved.

                    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    このメールマガジンの登録は

                    こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    | メルマガバックナンバー「7日間☆楽しく働くための心のサプリ」 | 13:52 | - | - |
                    [7日間楽しく働くための心のサプリ]2013/01/15  関心を寄せ続ける
                    0
                       

                      「7日間楽しく働くための心のサプリ」
                      (毎週火曜無料定期発行:大山佳世)のバックナンバーです。

                      このメールマガジンの登録は

                      こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html

                      ☆∴..............................∴☆

                                                      

                               7日間☆楽しく働くための心のサプリ       

                                                      

                      ☆∴..............................∴☆

                                                2013115日発行号

                                               

                          * このメルマガは、心理カウンセラーの大山佳世が *

                          * 楽しく働くためのヒントをお届けしています。  *

                       

                      ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

                      【メルマガのコンセプト】                   

                      「もっと楽しく働きたい」読者のために心理学やカウンセリング

                      の考えを日常に活かすコツを分かりやすくご紹介します。    

                                                     

                      2011311日「東日本大震災」が発生しました。当メルマガは、

                      未曾有の状況の中でストレス社会を生きる読者をサポートします。

                      新しい視点の転換法やリラックス法が分かり、少しでもほっとして、

                      明日に向かえるメルマガです。                     

                      ・・・………・・・………・・・………・・・………・・・………

                       

                      相手の話を聴くとき、

                      どんなことに気をつけたらいいか?

                       

                      カウンセリングで信頼関係をつくるために

                      大切な基本姿勢の中から、

                      ひとつをご紹介したいと思います。

                       

                      それは、相手に積極的に関心を寄せること!

                       

                      いい関係、信頼関係につながる

                      大切な心構えです。

                       

                      では、ここからが本文です。

                       

                      ☆・‥…━━━━━━━━━━━━━…‥・☆彡

                      ┃ 今週のテーマ          

                      ┃ 関心を寄せ続ける

                      ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                       

                      (聴いてもらえてほっとした)

                       

                      (分かってもらえて、嬉しい)

                       

                      読者の皆さんも、信頼できる友人などに話をして、

                      このように感じたことがあるでしょう。

                       

                      自分の話をじっくりと親身になって聴いてくれて、

                      分かってくれる存在がいたら

                      ほっとして安心感が湧いてきます。

                       

                      たとえ、起きている状況そのものは変わらなくても、

                      自分を分かってくれる存在がいると感じられるだけで、

                      気持ちの持ち方が変わってくると思います。

                       

                       

                      さて、では、自分自身がそんな存在になるには…

                      どうしたらいいかについて、

                      今回は考えてみたいと思います。

                       

                      じっくり聴くためにその根底にある、

                      大切なことをお伝えしましょう。

                       

                       

                      カウンセラーの基本的な姿勢に

                      ヒントを得ることができます。

                       

                      それは、相談者に対して、

                      積極的に関心を持つこと。

                      関心を寄せ続けること。

                       

                      相談者の存在を丸ごと受け止め、

                      カウンセラーは、丁寧に話を聴いて

                      寄り添っていきます。

                       

                       

                      積極的に関心を持つ。関心を寄せ続ける。

                       

                      このことは、もちろん日常の場面に活かせます。

                       

                      相手の話を聴いているうちに

                      関心が薄れ、他の事に気が移ることが

                      あるかもしれません。

                       

                      例えば、

                       

                      (この話はいつ終わるのかしら?)

                       

                      とか、

                       

                      (もっと気楽に考えたらいいのに)

                       

                      (いつまでそのことで考えているの?)

                       

                      といったように、聴いている自分自身の枠で

                      物事を捉えてしまう場合があるでしょう。

                       

                       

                      これは、聴いている自分の気持ちに

                      ばかり集中していると、言えるでしょう。

                       

                      相手の気持ちに寄り添うことから

                      ずれてしまっています。

                       

                      そばにいるそのひとときだけでも、

                      その人の話に耳を傾け、

                      関心を寄せ続けるというのは、

                      意外と難しいと感じるかもしれません。

                       

                      悩みは、その人によって違います。

                       

                      話の初めはその人に関心を寄せていても、

                       

                      (私だったらそうは捉えないけれど)

                      (もっと〜と考えたらいいのに)

                       

                      などと、しだいに自分の価値観で捉えてしまいがちです。

                       

                      そこで、相手に関心を持ち続けることの

                      難しさを確認しておくことも大事です。

                       

                       

                      自分が聴いてもらう立場だったら?

                       

                      関心を寄せ続けてくれる態度そのものから、

                      自分が大切にされていると感じられるでしょう。

                       

                      話を聴く側は、

                      相手のあるがままを受け止めていく。

                       

                      その積み重ねが、相手に信頼感をもたらします。

                       

                       

                      人の感じ方、受け止め方はそれぞれですから、

                      自分と違う、相手の感じ方を

                      受け止めることは、なかなか難しいかもしれません。

                       

                      だからこそ、いったん自分の考え方の枠を

                      そっと脇に寄せて見る感覚で、

                      その方の感覚を感じてみるのです。

                       

                      (この方は、このように感じているのだなあ)

                       

                      (それだけの状況なのだろう)

                       

                      などというふうにです。

                       

                       

                      以前に、その相手と話す内容を覚えていて、

                      話題に挙げてみるのもいいでしょう。

                       

                      (そういえば、〜はどうだった?)

                       

                      (〜はどう?)

                       

                      というふうにサラリと、相手が話しやすい話題、

                      あるいは、相手が気にしていたような話題に

                      触れてみるのです。

                       

                      相手が気にしていた話題とは、

                      不安やことや悩みに限らず、

                      楽しみごとかもしれません。

                       

                       

                      相手との関係性において、

                      話題を選んでみるといいでしょう。

                       

                      それまでの信頼関係に応じて、

                      (この話題がいいかな)

                      というものを選んで、伝えてみるのです。

                       

                       

                      今回は、相手に関心を持ち続けるという

                      基本的な姿勢を取り上げました。

                       

                      日常から、意識してみると、

                      相手との関係性がより深まってくるでしょう。

                       

                      相手をより理解したいという態度が伝わると、

                      さらに信頼関係につながっていきます。

                       

                       

                       //       /

                      ☆今週のおすすめ☆

                       

                      ・関心を寄せ続ける

                       ⇒相手を大切にする姿勢で

                        

                      /  編集後記                   

                       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                       

                      昨日夜は、近所の神社にお正月飾りを持って、家族と共に

                      大雪の中、「どんと祭」に行ってきました。

                       

                      このお祭りは、小正月の伝統行事で、

                      東北各地で行わます。

                       

                      雪を踏みしめながら、神社への

                      長い階段を上っていきました。

                       

                      御神火の大きな炎に、お正月飾りを入れて

                      焚いている間、体の芯から暖まります。

                       

                      神社があるのは仙台の夜景を一望できる場所で、

                      ところどころに、ネオンが瞬いています。

                       

                      しんしんと降り積もる雪の中、

                      人々のざわめきも、

                      いつもより静かに感じられるようでした。

                       

                      「おでん」を食べて、また階段を

                      ゆっくりと降り、神社を後にしました。

                       

                       

                      *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  * 

                       

                      私のHPをご紹介します。

                       「心理カウンセラー大山佳世のSalon Kayo」です。

                      http://kayo-salon.com

                       

                      携帯版HPです。

                      http://kayo-salon.com/mobile/

                       

                      リラックスして、素のままの自分でいられる、

                      心地よいサロンのような場所という意味を込めています。

                       

                      *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

                       

                      ■よかったらぜひメルマガの感想をお寄せください。

                       

                       ご感想はこちらへ ⇒mailmag@kayo-salon.com

                       

                      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                      発行人▼ 大山佳世

                      ご感想・お問い合わせ▼mailmag@kayo-salon.com

                       

                      ホームページ▼http://kayo-salon.com

                       

                       Copyright (C) 2011 Kayo Ohyama All rights reserved.

                      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                      このメールマガジンの登録は

                      こちらから⇒http://www.mag2.com/m/0001368532.html

                       

                       

                       

                       

                      | メルマガバックナンバー「7日間☆楽しく働くための心のサプリ」 | 18:04 | - | - |